川崎 市 ヘイト 条例。 川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ「国外出身者」に絞られるのか

大阪市のヘイトスピーチ抑止条例「合憲」 大阪地裁判決:朝日新聞デジタル

条約本体以外にも一般的勧告、総括所見、解釈指針が — 山口貴士 aka無駄に感じが悪いヤマベン otakulawyer ローデシア「俺たちは・・・」 南アフリカ「正しい!」 アパルトヘイトはヘイトじゃなかったんだ! — ヤン・ヒューリック 1xuVLqH3kQ 「日本人へのヘイトスピーチ」が出元は本物の憎悪煽動やってる極右の屁理屈、同法が適用される国単位ではマイノリティ差別への方が法的緊急性が高いなんてのは我々も当〜然分かっていますけど、はっきり言わせて頂くとその上で在特会もリベラルも両方くたばれよと思ってる人もまぁ多いですよね。 福田紀彦市長は「条例は全ての市民に対するあらゆる差別を許さないもの。 は必要でしょうか? ) 条例において「罰則対象行為から一部の者に対する行為を除外していること」が違憲であると主張するということは、つまりは既存の刑罰法規の対象にならない日本属性者への「不当な差別的言動」を、文言上は除外されているにもかかわらず刑罰対象にすることであり、憲法31条から導かれる刑罰法規の明確性の観点からは無理筋なんじゃないでしょうか? インターネット表現活動を規制するのは条例制定権の逸脱なのか? 刑事罰を設けることとは別に、公表等の措置を講じることが条例制定権の逸脱になるのではないかという問題もあります。 外国にルーツがある市民らを標的にしたヘイトスピーチ(憎悪表現)に刑事罰を科す、全国で初めての条例を川崎市がつくった。 川崎市での問題は、国が2016年にを制定する契機にもなった。

Next

川崎市、ヘイトスピーチ禁止条例可決 罰金最高50万円:朝日新聞デジタル

公共の場所でのヘイトスピーチ(憎悪表現)を禁じ、違反者への刑事罰を盛り込んだ川崎市の人権条例が市議会で可決・成立した。 正におっしゃる通りです。 そして、残された課題とは何なのか。 話は変わりますが、荻野議員に生活相談したが具体的返答がなくラインも既読スルーされるということで、大田区在住のAさんから私にDMで相談がきました。 在日韓国、朝鮮籍の方だけではなく、多くの外国籍の方々も含めて、あらゆる差別をなくしていくための条例。 「 本邦外出身者に対する不当な差別的言動」は、いわゆるヘイト規制法によって「 専ら本邦の域外にある国若しくは地域の出身である者又はその子孫であって適法に居住するもの(以下この条において「本邦外出身者」という。

Next

川崎で日本人差別条例ができる。誰が「ヘイト」と決めるんや?市長による言論弾圧やんか。

と言う事は、上と話を付けたら、事は簡単に運びそうですね、この 療法に顔が効く橋下が、この手を使った可能性は高いと思います。 」 「それは多くの人が話題にして広がっているから。 同じ問題であっても人によって切り口が違うし、解釈も違う。 が、保守系を自認する人たちの中で「 パブリックコメントで意見を」といった内容のことをTwitterでツイートしたりFacebookで投稿する人の方が稀で、むしろ「 川崎市が乗っ取られている」といったような川崎市批判が多かった印象だ。 被害者装って無理矢理に居座って差別だ、ヘイトだと要求ばかりしている人達。 — 後藤由耶🦉 yoshiyagotoh を繰り返すと最大罰金50万円? 日本初の条例を制定した が、いま注目されています。

Next

ヘイトスピーチ、罰則付きで禁止する全国初の条例が制定。川崎市長「被害に遭われた方たちは喜んでくれていると思う」

法務局が削除要請を行うほか、大阪市は投稿者名を公表するなどしている。 在日韓国、朝鮮籍の方だけではなく、多くの外国籍の方々も含めて、あらゆる差別をなくしていくための条例。 大田区在住の方なので私の対応にも限界があり、何かあれば今後も引き続き対応していただければ幸いです。 なんでも命令に違反した個人や法人には、 50 万以下の罰金を科すそうです。 ヘイトスピーチに刑事罰を定めた法令は全国初。 表現に問題があるかどうかを公権力が判断する以上、具体的にどのような言動が処罰対象になるのかを、分かりやすく示す必要がある。

Next

ヘイトスピーチ、罰則付きで禁止する全国初の条例が制定。川崎市長「被害に遭われた方たちは喜んでくれていると思う」

よろしくお願いいたします。 12日に開かれた定例市議会本会議で可決、成立した。 選択肢が腐った地方自民か移民の為の政治かしかなければ投票率は落ち帰化人は確実に草加か帰化人に投票し当選し彼らの為の社会に変えて行きそのうち靖国神社をモスクに変えろと言い出すかも知れません。 「長い歴史のなかで、私たちは民族差別、国籍差別を数多く受けてきました。 条例素案のスケジュールについて 今一度、このに関してスケジュールを確認しておこう。

Next

川崎市のヘイトスピーチ禁止条例が賛否両論

参考: すると、「 罰則対象行為を定めていること」は、法が「いかなる規制をも施すことなく放置すべきものとする趣旨」であることと矛盾抵触することになる可能性があります。 今後、市は「差別防止対策等審査会」(構成員は5人)を設置し、表現の自由に配慮し、違反行為かどうかについて、慎重に判断する。 正当な理由を持つ、差を明確にした区別は問題なし、ですね。 本当に嬉しく思っています。 」 という発想が、もうヘイトの問題の本質を完全に見誤っている。 その前提として川崎市および川崎市民がどのような不利益を被っているのか、その不利益の内容と数字を明確に示すべき• その川崎市が 6 月 24 日に、市議会に 「川崎市 差別のない人権尊重のまちづくり条例 (仮称)」の素案を提出しました。 市民の良心の勝利ではないでしょうか」 「中身に関しても、表現の自由にも配慮したバランスのある条例だと思っている。

Next