やまと 尼寺 精進 日記 再 放送。 「やまと尼寺精進日記」の再放送はいつ?見逃し配信を見るには?初回~過去の動画を一気見するなら「まるごと見放題パック」がおすすめ!

テレビ放送

何時だろう?(NHKラジオの放送時間ですね)この時の会話が意外とおもしろい。 Aさん「可愛い尼さんが上がって来はった思うてたんよ〜。 番組のナレーションは俳優の「 柄本佑(えもと・たすく)」さんです。 「尼」と「屁」と「尻」もそんな文字のひとつだったのですが、この番組を知ってから大丈夫になりました! なんの自慢や さて、今回の「やまと尼寺精進日記」。 山の恵み、里からの贈り物 どんな食材も3人の手にかかれば特別なごちそうに! 今回の 「やまと尼寺くいしんぼ日記」は春夏秋冬、お寺の1年を総まとめ! 今日も尼寺には陽気な笑い声が響いています。 仕事は通常の勤務をして、奈良から兵庫県尼崎市まで通勤していました。

Next

やまと尼寺精進日記

2020年6月現在 長年おつとめされた、慈瞳さんとまっちゃんが、それぞれの道を歩むために音羽山を降りられたとのことです。 グラフィックの勉強をされたことがあるようで、イラストやゴム印版画が得意。 学生時代はソフトボールをしていたとか、髪の毛は自分で切っているとか、他愛もない会話は聞こえてきますがどういう経緯で尼寺のお手伝いさんになったのか…? 当たり前ですが、ご住職たちに比べてあまり豊富な知識はなくまだまだ勉強中という印象です。 やまと尼寺の宿坊に泊まりたい! やまと尼寺こと音羽山観音寺ですが、一度廃寺になったため、鮎釣り名人いわく 「檀家のないお寺」なんだそうです。 佐々木慈瞳(同寺副住職)• じゃあ、3分番組として毎週放送している「やまと尼寺献立帳」も終わり?寂しくなるなぁ。 ラジオ体操 毎朝、三人は本堂の前でラジオ体操をします。 学生時代に音羽山観音寺をおとづれたことがきっかけで、大学職員のお勤めをされたのち、高野山専修学院で勉強され、音羽山観音寺へこられたようです。

Next

テレビ放送

他にも数多くの遺跡や古墳が現存している古代ロマンあふれる魅力的な土地! この纏向古墳周辺は、前方後円墳が最初に作られた場所だと言われていれ先に紹介した「卑弥呼」の墓は日本でいちばん古い前方後円墳だと言われていて・・・ 本当のところは解らなくても、歴史のロマンを感じてワクワクします! 音羽山観音寺は桜井市の中心地から南に行った山中にあるみたい! 登場する皆さんをご紹介 ご住職の後藤密榮さん・副住職の佐々木慈瞳さん・お手伝いのまっちゃんの三人です 後藤密榮さん 尼寺のご住職 岐阜県出身の笑顔が素敵なご住職です。 春の到来を控え、展望台までの道を整備するのだ。 ご住職の後藤密榮さん(ごじゅうしょく・あんじゅさん) 音羽山観音寺のご住職。 とても愛されていたようでご住職がまっちゃんの手作り手ぬぐいにチロの可愛らしい柄が施されているのを見て涙していたことが印象深いです。 新しい慈瞳さんの人形はそっくりです。

Next

やまと尼寺 精進日記|カホ|note

この放送を逃しても、 土曜日の午前5時半に再放送が行われています! 献立に関する特番「季節の恵み献立張」や総集編の特番SP「やまと尼寺 くいしんぼ日記」なども放送されました。 3月のやまと尼寺は「ひな祭り」のための「雛あられ」を、昨年末に檀家さんたちから頂いた鏡餅から作っていました。 雨が降ったら明くる日また直さなあかん。 番組では法会に使う竹を切り出して運んでいました。 初回放送は毎週木曜日22時47分から、 再放送は毎週金曜日11時50分からとなっています。 潤子さんの辛味大根のピザ 最終回の冒頭、潤子さんがくれた辛味大根をピザにトッピングする慈瞳さんとまっちゃん。

Next

「やまと尼寺精進日記」最終回: 「蛙の行列」

それでは私はどうして今回が最終回であることに気がついたかと言いますと、録画データの番組名の横に[終]と表示されていたからです。 絶対に見逃さないようにしているお気に入りのテレビ番組のひとつがNHKEテレの「やまと尼寺精進日記」です。 どこかで「ご住職専用」って読んだ気がします。 ) 4月29日現在、特選見放題パックで見れるのは以下25作品となります。 人気が出るのはいいですが、あまり行き過ぎないといいのですが。

Next

テレビ放送

2回の特別番組としての放送を経て、レギュラー化された。 見ていても寒そうです。 この番組を見ていてまた不思議なことが・・・十五夜のとき、お寺の3人が縁側で月見をしているところに、麓の潤子さんが懐中電灯をぶら下げてやってきました。 お寺では末っ子感があって、僧侶のお二人に可愛がられているのが良く分かります。 毎月最終日曜日の18時から。 関西では古くから 棒状のお餅はねこ餅として親しまれ 形状が猫のように長く まろやかな丸みのある形になっていると共に お餅の先端が猫の手のような 形を連想させるあたりから ねこ餅と称されたと思われます - 『芭蕉堂』さんというお店の商品説明にはこのように書かれています。 なんて和やかな雰囲気。

Next

やまと尼寺 精進日記

でも天ぷらね~今度つくってみようかな。 片道:1,7km(徒歩で約60分)という表記も見られます。 暖かな今年は、山菜も早い。 早くあの小さな尼寺に人が集える日が来ますように! 私もまた参拝したくなりました、あの急な山道を登って💦。 ムードメーカー。 保存しているものの、最初の頃のものは残していないので、古いものがまた見られればうれしいですが、どうかな。

Next