デアゴスティーニ。 DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

デアゴスティーニ&アシェット 試験販売&休刊一覧

週刊 をつくる(創刊:2009年1月27日/110号予定)• 「私が手がけているのが歴史物中心ということもありますが、中高年の男性読者が多いです。 また、等広報の他、期間限定の定期購読申込者特典や特製値下げなど、創刊号発売前後に集中的に販促宣伝されるものが多い。 まず1番目は、 「古いもの、懐かしいもの」。 - チャンネル. 週刊 マーダー・ケースブック• 隔週刊 日本の名峰 DVD付きマガジン 第82号• (創刊:2008年1月22日/全81号)• 週刊 スピークイングリッシュ(創刊:2002年1月22日/全96号)• 隔週刊 キャシーといっしょにハワイアンキルト (創刊:2019年1月4日/全80号予定)• 最初から最後まで購入してくださる方は、創刊号を買ってくださった方の1〜2割ぐらいでしょうか。 - 追加刊行告知の例(週刊エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版 第41〜50号)• 週刊 マイ・ドールズハウス(創刊:2001年1月9日/全150号)• 隔週刊 日本のうた こころの歌(創刊:2004年1月6日/全100号、2009年1月20日に再創刊)• 隔週刊 ・プレミアムコレクション(創刊:2013年2月14日/10号予定)• 航空会社の格付けを行う、英国の機関「SKYTRAX」による「ワールド・エアライン・アワード2017」では、 JALの座席が、世界でもっとも優れたエコノミークラスのシートに選ばれた。 隔週刊 DVDコレクション(創刊:2008年2月5日/全68号)• 週刊 ドールハウス(創刊:2005年1月11日/全110号)• WEB特典 公式ホームページより定期購読申込み者限定で、特典商品が付与される場合がある。 週刊 日本刀 (創刊:2019年5月28日/全101号予定)• 特典・付録 [ ] 全号購読や定期購読特典など「最後まで揃えなくては」といった収集心を刺激する工夫がなされている。

Next

デアゴスティーニ&アシェット 試験販売&休刊一覧

マニアの心をくすぐる優れたテーマ設定も一因となっています。 週刊 ドラマでENGLISH(創刊:2011年1月11日/60号予定)• このような商品の企画はどのように考えられているのだろうか? 社長のアイデアも容赦なく落とされる デアゴスティーニは世界33カ国に展開しているが、年間10〜15タイトル発売されている商品の多くは日本独自企画で商品テーマを決めており、それらはほぼ社内で考え出されるそうだ。 隔週刊 DVDコレクション(創刊:2011年1月25日/65号予定)• 時間が潤沢にあるシニアにとって、その使い道の指針になったり、時間の質を高められるテーマは喜ばれるはずです。 週刊 ビジュアル(創刊:2002年1月8日/全96号)• 週刊 ディズニー・ドリーム・ファイル(創刊:2009年5月19日/111号予定)• 隔週刊 アート・コース ビデオコレクション(創刊:2000年2月15日/全10号)• その歴史は創設者である地理学者ジョバンニ・デ・アゴスティーニが、1901年にイタリアで「地図」を普及させることを目的として始まっている。 週刊 NISSAN GT-R NISMO (創刊:2018年8月28日/全100号予定)• 実際に「週刊をつくる」(2018年秋創刊予定)では、予約部数が目標の5000部に達せず商品化不成立となった。

Next

隔週刊 仮面ライダー DVDコレクション

計算すると6〜7年は続いていることになりますね。 」と後々思うことがなくなるはずです。 週刊 (創刊:2010年2月16日/100号予定)• 隔週刊 キャシーといっしょにハワイアンキルト 第39号• 週刊 栄光の日本海軍 パーフェクトファイル(創刊:2018年3月13日/全151号予定)• 週刊 オフィシャルパーフェクトファイル(創刊:2014年9月25日/191号予定)• 団塊世代引退の07年を目前に控え、今後も彼らの求める商品を企画していきたいと思います。 東京や神奈川県の横浜市、川崎市周辺にお住いなら最速30分でご自宅にお伺いすることができます! もちろん、店頭買取も行なっておりますので、お越しいただくことが可能であればご連絡ください。 (創刊:2004年2月3日/全300号)• 隔週刊 ニードルフェルトでねこあつめ 第64号• 週刊 オフィシャル・ファクトファイル(創刊:2010年2月2日/60号予定)• 「」は、毎号プロマジシャンも使用するマジックグッズが付属し、マガジンとDVDの詳しい解説もついているため、初心者の方でも気軽に始められることが人気を得た理由と考えております。

Next

DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

隔週刊 クール・ジャズ・コレクション(創刊:2008年2月26日/80号予定)• 現在刊行中で好評を得ている「」も、グッズが付属して390円(以降は1,790円)となっている。 隔週刊 特撮 DVDコレクション(創刊:2014年9月2日/46号予定)• 隔週刊 ハローキティ・アクセサリーコレクション(創刊:2006年9月5日/全70号)• 雑誌のみのシリーズなら、2号目以降は5〜600円で、全100号の場合すべて買うと6〜7万円ぐらい。 当初は趣味・実益などの解説書が主だったが、21世紀以後は特定の映像作品(映画・アニメーション・テレビドラマなど)を題材にしたDVDコレクションなどのサブカルチャー部門の書も多く発売されている。 また、古くなると欲しがる人も徐々に減少してしまうため、 売ると決めたらなるべく早く売ると高価買取に繋がります。 現在、デアゴスティーニでは2月より販売が開始された「」の売上が好調だという。 X-ZONE• 週刊 インサイドヒューマンボディー(創刊:2005年1月25日/全171号)• 週刊 をつくる(創刊:2009年8月25日/100号予定)• 隔週刊 かわいい刺しゅう 第48号• トレジャー・ストーン• 週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデル (創刊:2019年3月19日/全92号予定)• 週刊 (創刊:2017年1月31日/130号予定)• 創刊号は500円ほどですが、それ以降は2000円前後、総額10万円を超えるシリーズも多いです。 当初はと業務提携していたが、同社が経営難に陥ったことから同じを拠点とするに提携先を変更。

Next

隔週刊 スタートレック・スターシップコレクション

2016年12月21日閲覧。 週刊 ホームガーデン(創刊:1999年2月23日/全100号)• 週刊 ニュー・イージー・ピーシー(創刊:2001年2月13日/全104号)• 隔週刊 ビーズ・アクセサリー(創刊:2006年10月10日/全80号)• 週刊 マーベル・ファクト・ファイル 第106号• 週刊 セーリング・シップ(創刊:2002年6月4日/全100号)• (全91号) 1998年〜2005年創刊 [ ]• 週刊 イージー・ピーシー(創刊:1998年3月/全117号)• 隔週刊 コレクション(創刊:2001年10月23日/全45号)• 隔週刊 DVDコレクション(創刊:2008年9月9日/76号予定)• 週刊 ヨーロピアンパレス(創刊:2007年2月13日/全130号)• 隔週刊 DVDコレクション(創刊:2004年9月7日/全90号)• スマホ全盛時代の中、今後も「時間を掛けて少しずつ学んだり、モノ作りをする」ことの楽しさを提案し続けるデアゴスティーニの放つ矢に期待していきたい。 週刊 ファクトファイル(創刊:2004年9月21日/全151号)• 隔週刊 DVDコレクション(創刊:2010年10月19日/68号予定) 2011年以降創刊 [ ]• 代表的なのは、CM等でおなじみの「デアゴスティーニ」社ですね。 意外だったのはアニメ系の充実。 シニア向けのコンテンツを考える際は、やはり年代で一括りにするのではなく、こうした興味関心に沿った、きめ細かいアプローチができるかどうかがカギになりそうですね。 どのタイトルも、創刊前に徹底的なマーケティングリサーチを行います。 DVDコレクション• 隔週刊 ・コレクション(創刊:2007年5月22日/全60号)• 定期購読 送料無料サービスの他、創刊号前後の申込者に特典商品(など)が付与される場合がある。

Next

隔週刊 スタートレック・スターシップコレクション

隔週刊 DVDオペラ・コレクション(創刊:2009年9月1日/65号予定)• 週刊 ワールド・エアクラフト ビデオコレクション(創刊:1999年9月28日/全50号)• 3番目は、 「更なるコト消費につながること」。 一方で音楽系や映画ドラマ系は、CDやDVDが付属しています。 例えば史跡や遺産について学べれば、旅行で実際に尋ねることができます。 冊子のみならず、(音楽関連等)や、作品ソフト(や等)、模型を毎号付録する「コレクション」、毎号付録されるパーツを組み上げると最終的に模型等が出来上がる趣向の「組立シリーズ」など、と通じて各ジャンルを深く学ぶ商品構成が特徴的である。 刑事コロンボも他社でまとめられていますし、刑事ものは長年に渡り支持が高いジャンルなんですね。

Next