セット アッパー 145。 「セットアッパー」とは?意味や使い方を解説!

セットアッパー 145S

僕のくそみそテクニックでも爆釣です! 去年の夏から本格的に釣りを始めたのですが、最初はエギでイカ釣りしながら、たまに鉄板バイブレーションを投げて青物を狙ったりしていました。 空気、水という異なる粘性抵抗を制した独特のリップ。 All rights reserved. そして、これこそ本当のウォブンロールだ!と言わんばかりの繊細&激しいアクションは 波動やフラッシング効果も絶大!! もれなくウォブンロールアクションに加えて、 流れの変化などで自動的にイレギュラーアクションが発生し食わせる間も演出してくれるという。 リング(ルアー結束)「プレスリング 5とスプリットリング 5」 ゴツいものと少しゴツめで使う事が多いですが、ヒラスズキタックルとかでも僕はよく使ってます。 まぁ堤防とかイージーな場所とかでファイトに時間をかけられるところなら、元々のフックセッティングで大丈夫だと思います。

Next

【おすすめ】ショアラインシャイナーZ セットアッパー125S

釣り場の足場が高いところでも水面から飛び出しにくいので、沖から足元までチェックするのに使える。 足場の高い場所でも足元までしっかり水面下をトレースでき、ピックアップまでヒットチャンスが増大。 ルアーのアクション程度ではウエイトが後部へスライドし難くなり、磯や堤防等足場の高いポイントにおける中層 ・足元攻略には特に最適で、ラフウォーター下におけるリトリーブ、ドリフト時においてもスイム姿勢を維持し、バイトに持ち込むことが可能。 (お届け時間帯のご指定ができない地域もございます) 時間を指定された場合でも、天候、交通事情により指定時間内に配達ができない事もございます。 これはもらった!と急いで投げ2連発でバイトがあるも、2発ともフッキングせずで、その後アタリなく終わってしまいました・・・。 ただスローシンキングタイプになっているので、水に落とすとスーッと沈んでいきます。 一緒に釣りをしていた友人がセットアッパーの125S-DRを一つ持っていたので、お借りして使わせて貰うことに。

Next

【おすすめ】ショアラインシャイナーZ セットアッパー125S

楽天スーパーポイントのご利用明細については楽天から送信されるメールをご確認ください。 暗いうちは沖の方にいたマイワシですが、やはり 「あ、ちょっと明るくなってきたかな」のタイミングで徐々に手前に寄り始め、そのタイミングでアタリが!! 時合いが短いのはわかっているので、すぐに寄せ即ランディングです。 ダイワ ショアラインシャイナーZ セットアッパー 145S-DR 小沼正弥完全監修。 ブレードチューンなどもしてみたのですが… 口コミの評判がいい「デュエル ヘビーシンキングミノー」でも釣れません… シマノの「サルベージ」というバイブレーションはとてもいいアクションですし、魚の歯形も何箇所かありますが結局釣れてません… ウホッ!いいルアー! ところが、このダイワ製の 「セットアッパー125S-DR」に出会ってからは、ほぼボウズ無しで、立て続けに50センチオーバーのハマチ3本、太刀魚20本以上、サゴシまでゲットしちゃいました! へっぽこな中年釣り初心者の 「くそみそテクニック」 でなんでこんなに釣れるのか? あまりの威力に驚いて別カラーも買いましたが、こちらも爆釣です! 他のルアーとのこの釣果の違いは何なのか? 水面下でいったい何が行われているというのでしょうか? ・ ・ ・. その場合はセットアッパーを小さめのサイズにするか、素直にジグを投げた方がいいですね。 ちなみに自分の飛ぶシーバスミノーの歴史はシマノのサイレントアサシン140の71mから止まっていたのでドン引きしたw 実際に釣ってみることに ほんのり薄明るくなってきた朝マズメの時間帯。

Next

Amazon

イナッコや稚アユパターンなどベイトのサイズが小さい時は特にその力を発揮します。 元々、シーバス釣りが想定されたルアーの上でのフックセッティングだと思いますが、僕としてはこのフックセッティングでは70cm(4kg)以上とかの青物を仕留めるにはちょっと心細い感じです。 そこに居るとわかっているシーバスをタダ巻きひとつで誘き寄せ、バイブレーション系にスレた待ち伏せしている居着きシーバスをも惹き付ける。 そっちの方がよく釣れます。 しかもリトリーブスピードをアップさせるとボディ全体で受けた水流を逃がしながら、さらに増幅した「ワイルドウォブンロールアクション」に変化。 12cmクラスのボディで15cmクラスミノーのアピール力を備えたハイアピールミノーオープンエリアにいるシーバスを「誘き寄せて釣る」ことをコンセプトに開発されたハイアピールシンキングミノー。

Next

『チドって喰わせる』ダイワのセットアッパーシリーズでシーバス攻略|TSURI HACK[釣りハック]

飛距離(m):最大92、平均88. 加えて、飛距離性能の妨げにならないよう計算されつくした リップ&ボディ形状。 一応、シーバス用のルアーみたいですが、僕は青物狙いに充分使えると判断してます! 「ダイワ セットアッパー145S-DR」のスペック• セットアッパーはその辺のことをよく考えていて、真後ろから見るとリップがすっぽりボディに隠れるようになっており、空気抵抗が減って飛距離を稼ぐとのこと。 常にアピールを絶やさない。 阪神間でシーバス青物を狙う方はぜひ持っていた方がいい一品です。 75S 「セットアッパー」という名の先発エース。 僕ももう一本125ミリと97ミリを購入しようと思います。

Next

【おすすめ】ショアラインシャイナーZ セットアッパー125S

5m(当社テスト)という驚きの飛距離を生み出す。 「タダ巻きのスローリトリーブ」でもしっかりした引き心地と強烈なフラッシング&波動を発生。 ロングリップモデルながら、ほぼ水平姿勢でアクションをするため、昼間でも魚に見切られにくい。 ロッド「」• 「ダイワ セットアッパー145S-DR」の実際の使用例(タックルデータ) 僕がを使う時のタックルなら…• 5mとのこと。 低活性でシビアなシーバスのキスバイト(口先でつつくようなバイト)にも対応するこだわりの3本フックシステム採用。 ボイルやナブラがあるのに、トップ&シンキングペンシルで反応がない時に有効。 また、流れの変化で自動的に生まれるイレギュラースライドアクションが食わせの間を与え、特別なロッドアクションの入力は不要。

Next